ギャラリー

ギャラリー 2010年 6月度

-6月度- 陶芸家の技法を学ぶ
<島田文雄先生>
当倶楽部にて、特別講師による「講演と実技」の会を催しました。
「彩磁皿」φ21.0×高3.0cm  左 武田芳子 中 簑島勝利 右 山野井輝子
「彩磁皿」φ21.0×高3.0cm  左 武田芳子 中 簑島勝利 右 山野井輝子
東京芸術大学教授 島田文雄先生に、「彩磁」についてのお話しを伺い、制作の実技指導をしていただきました。筆で1本の線を描くことから始め、花をスケッチ、それを文様に、そして半磁土皿への彫文。素焼後、先生に倣った顔料で彩色し還元焔焼成しました。
武田さん・山野井さんの作品は長石釉、簑島さんの作品は透明釉が掛かっています。
<中村卓夫先生>
国内研修旅行「金沢の旅」で、梅山窯 中村卓夫先生の工房を訪問しました。
「色絵練込掛切長角皿」 縦17.0×横23.0×高1.5cm  左 風間和子 中 岡田新一 右 宮坂俊夫
「色絵練込掛切長角皿」 縦17.0×横23.0×高1.5cm  左 風間和子 中 岡田新一 右 宮坂俊夫
「色絵練込掛切長角皿」縦17.0×横23.0×高1.5cm 左 儘田久美子 右 竹谷嘉彦
「色絵練込掛切長角皿」縦17.0×横23.0×高1.5cm 左 儘田久美子 右 竹谷嘉彦
「色絵練込掛切長角皿」縦17.0×横23.0×高1.5cm 左 和氣典二 右 田村達子
「色絵練込掛切長角皿」縦17.0×横23.0×高1.5cm
左 和氣典二 右 田村達子
先生がご用意して下さった練込掛切長角皿(赤土と白土を練り込み スライスして成形した皿に釉薬を部分的に流し掛け 本焼きしたもの)に上絵付しました。 一枚ずつ違った表情の皿と琳派の紋様からインスピレーションを得て、各々 九谷ならではの玉釉 青(緑)・黄・紫・紺青 を置いて、鮮やかでオリジナリティー溢れる絵付となりました。
 
池田千恵美 「布目化粧サボテン文花入」縦14.0×横17.0×高17.0cm 5つの筒を作り板に接着したユニークな造形の花入。赤土素地に 布目越しに白化粧を施し、弁柄の下絵付に色釉をのせて楽しい雰囲気になりました。
池田千恵美 「布目化粧サボテン文花入」縦14.0×横17.0×高17.0cm
小野木喜八郎 「青磁釉彫文壺」φ19.0×高20.0cm ロクロ水挽き成形した壺に、ミレーの「馬鈴薯植え」をモチーフに彫文。 青磁釉を掛け 還元焔焼成。細かな彫文も効果的に焼き上がりました。
小野木喜八郎 「青磁釉彫文壺」φ19.0×高20.0cm
岡本馨太郎 「面取壺」φ11.0×高31.0cm
岡本馨太郎 「面取壺」φ11.0×高31.0cm
独特な面取の造形は、見る角度によって違う印象を与えます。また、面ごとに ラテックス・撥水剤も使って表現を変えるなど、とても手の込んだ作品です。
 

ミニギャラリー情報

日比谷ミニギャラリー
日比谷ミニギャラリー
このページで紹介している作品をはじめ 当倶楽部会員の制作した作品を 毎月入れ替え展示しています。
場所:
地下鉄 日比谷駅 A5出口 階段途中 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル
 
 
  • 倶楽部概要
  • 教室のご案内
  • トピックス
  • ギャラリー
  • 催事のご案内
  • お問い合わせ・資料請求
  • マップ

日本陶芸倶楽部
〒150-0001 東京都渋谷区
神宮前1-5 東郷神社境内
TEL.03-3402-3634
FAX.03-3470-2528

トップページへこのページのトップに戻る