ギャラリー

ミニギャラリー 2021年 1月・2月

-1月・2月-
清春登窯焼成‐焼締手桶‐

焼成室や置かれた場所の違い、またそれぞれのデザインで
バラエティーに富んだ「手桶」が焼き上がりました。

小野美智子 径24.0×16.5高20.5cm
小野美智子
径24.0×16.5高20.5cm

焚口に近い大口手前で焼成。本体は熾に埋まって炭化し、
横木にはたっぷり灰が掛かりました。

田代英寿 径25.0×21.0高20.0cm 田代英寿 径25.0×21.0高20.0cm
田代英寿
径25.0×21.0高20.0cm

焚口に向いた正面はたっぷりと灰を被り、裏側は土に赤みが出て、見る方向で表情が変わるのも薪窯作品の魅力です。

第1室 大口棚   焚口の正面奥に棚組みして作品を詰めます。

細田和夫 径24.0×20.0高21.0cm
細田和夫
径24.0×20.0高21.0cm
秦俊司 径20.5×18.0高19.0cm
秦俊司
径20.5×18.0高19.0cm
髙見澤宗弘 径22.0×17.0高16.0cm髙見澤宗弘
径22.0×17.0高16.0cm
木桶を写し、横木も板状の土をカットして作った作品は 灰の掛かり方も柔らかく、箍や板を組んだ感じなど 桶らしさが出ています。

第2室 炭窯変室   焚き上げ直前に、大量の炭を投げ入れ強還元にします。

安西美津子 径17.0×12.5高18.0cm安西美津子
径17.0×12.5高18.0cm
中西のぶ子 径16.5×11.0高19.5cm
中西のぶ子
径16.5×11.0高19.5cm
高部安子 径16.0×11.0高19.0cm
高部安子
径16.0×11.0高19.0cm
鉄分が多く黒っぽい土に、灰が掛ったことによるグレーや
火色の赤みなど窯変が出ます。
面取や篦目などを入れ、口元は大胆にカットしました。
松浦清人 径29.0×19.0高38.0cm
松浦清人
径29.0×19.0高38.0cm
動物のような足と耳のように伸びた取っ手、
手桶からの発想でユニークな形になりました。
(大口手前焼成)
 
 
  • 倶楽部概要
  • 教室のご案内
  • トピックス
  • ギャラリー
  • 催事のご案内
  • お問い合わせ・資料請求
  • マップ

日本陶芸倶楽部
〒150-0001 東京都渋谷区
神宮前1-5 東郷神社境内
TEL.03-3402-3634
FAX.03-3470-2528

トップページへこのページのトップに戻る