トピックス

2009年8月7日

上絵付コース


渋い陶器も ひと筆 が入ると、一瞬にして華やぎます。
赤・黄・緑・青・紫… 限られた色で、より豊かな色絵の世界を表現する上絵付。
京焼・鍋島・古九谷の名品を手本に 上絵付技法の基礎を学びます。

初級課題 色鍋島「蒲公英文皿」が焼き上がり 次のテーマ古九谷(白素地に骨描から)に挑戦
初級課題 色鍋島「蒲公英文皿」が焼き上がり
次のテーマ古九谷(白素地に骨描から)に挑戦
鍋島「椿文皿」を手本に下絵付をする鍋島「椿文皿」を
手本に下絵付をする
鍋島「橘文皿」を手本に上絵付の玉釉を置く鍋島「橘文皿」を手本に
上絵付の玉釉を置く
古九谷の「鳳凰図」を手本に塗り損じを削り取り修正する古九谷の「鳳凰図」を手本に
塗り損じを削り取り修正する
上絵付はまず赤から
上絵付はまず赤から上絵付はまずから
上絵付はまず赤から
白磁素地に骨描白磁素地に骨描
玉釉の調子を整える玉釉の調子を整える
染付花瓶に上絵付
染付花瓶に上絵付
陶胎弁柄下絵皿に上絵付陶胎弁柄下絵皿に上絵付
白盛は色釉上で映える白盛は色釉上で映える
風間和子作 縦16.0×横32.0㎝
風間和子作 縦16.0×横32.0㎝

輪郭線は弁柄下絵付、芝のグリーンは本焼萌黄釉。
遠景の富士山・樹林・牛のプレーヤー等、
ぬり絵感覚で上絵付。
岡 俊男作 径25.0㎝
岡 俊男作 径25.0㎝

人物輪郭・細部の表現は弁柄下絵付。
着物は上絵付の赤と各色玉釉で。
竹谷和子作 いずれも径16.0㎝
竹谷和子作 いずれも径16.0㎝

弁柄下絵付に 上絵は骨描で黒を補い 玉釉で彩色。

上絵付コース  (4月・10月開講)

次回 平成25年4月11日(木) 開講
 

全10回/6ヶ月 原則として第2・3木曜日 午前10時~12時

※詳細はお問い合わせ下さい。

 
 
  • 倶楽部概要
  • 教室のご案内
  • トピックス
  • ギャラリー
  • 催事のご案内
  • お問い合わせ・資料請求
  • マップ

日本陶芸倶楽部
〒150-0001 東京都渋谷区
神宮前1-5 東郷神社境内
TEL.03-3402-3634
FAX.03-3470-2528

トップページへこのページのトップに戻る