トピックス

2013年4月18日

平成25年度 日本陶芸倶楽部 チャリティー作品発表展


第46回 日本陶芸倶楽部会員チャリティー作品展

会 場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
会 期:平成25年5月22日(水)~27日(月)
 10:00~19:00(最終日は17:00閉場)

平成25年度 日本陶芸倶楽部 チャリティー作品発表展

日本陶芸倶楽部は、昭和42年に「アマチュア陶芸の振興と普及」をモットーに創立し、
以来、陶芸の楽しさ・喜びを より多くの方々と共にしたいという願いから
毎年開催している会員によるチャリティー作品発表展も回を重ね、今回で46回目となります。
本年も 日本陶芸倶楽部 毎日新聞東京社会事業団 NHK厚生文化事業団 主催、
毎日新聞社後援、三越日本橋本店美術部の協力により開催いたします。
アマチュア陶芸家としてキャリアの浅い方から豊富な方まで、
一生懸命作りました作品を展示いたします。
作品売上げの純益は、毎日新聞東京社会事業団・NHK厚生文化事業団を通じ
広く社会福祉に役立て、またその一部を
東日本大震災遺児への支援「毎日希望奨学金」制度へあてさせていただきます。
ご高覧の上、皆さまの温かなご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

 

特別作陶講座


特別作陶講座「魯山人に倣う」チャリティー作品発表展を機に開催している特別講座です。

類まれな創作活動をした美食家 北大路魯山人。
映像で魯山人の世界をご覧いただき、
土の塊から形を作り出す「織部櫛目籠形花生」の成形、
または
本焼素地へ赤・白・緑で彩る「色絵桜楓文鉢」の上絵付、
どちらかをお選びいただく作陶講座です。
初めての方にもお愉しみいただけます。

成形「織部櫛目籠形花生」成形「織部櫛目籠形花生」本体 径13.0×高12.0cm おとし 径6.0×高10.0cm
本体 径13.0×高12.0cm おとし 径6.0×高10.0cm
竹籠をイメージした本体と、中に入れる「おとし」をセットにした花生。ひも作りで本体を成形後、櫛目で籤の風合いを表現、透かしを入れていただきます。ロクロ水挽きで用意した筒状生素地のおとしには、面取りや鎬など、お好みの加飾をしていただけます。織部釉で爽やかな籠形花生に。
上絵付「色絵桜楓文鉢」上絵付「色絵桜楓文鉢」径17.0×高8.0cm径17.0×高8.0cm
一日の体験ではなかなか経験することができない上絵付。幹と枝の下絵付がある本焼された鉢へ、九谷赤で色づいた楓を描き込み、白盛で桜の花を咲かせます。四季を通してお使いいただける華やかな鉢に。

日  時:
平成25年6月1日(土)
6月2日(日)
6月2日(日)
14:00~16:00
10:00~12:00
14:00~16:00
会  場: 日本陶芸倶楽部 地図
参加費: 10,000円(作品1点/消費税込) 
※ 申し込み・問い合わせは 事務局まで 03-3402-3634(月曜日休館)
  5/22~27のチャリティー作品発表展会場(日本橋三越)でも
  申し込みいただけます。
※ 2回以上ご参加いただくことも可能です

 
 
  • 倶楽部概要
  • 教室のご案内
  • トピックス
  • ギャラリー
  • 催事のご案内
  • お問い合わせ・資料請求
  • マップ

日本陶芸倶楽部
〒150-0001 東京都渋谷区
神宮前1-5 東郷神社境内
TEL.03-3402-3634
FAX.03-3470-2528

トップページへこのページのトップに戻る