トピックス

2013年10月2日

平成25年度 日本陶芸倶楽部 アマチュア作品展

第30回 日本陶芸倶楽部アマチュア作品展(入場無料)~ 芸術文化の秋、やきものを見て・作って・愉しむ ~
昭和43年 当倶楽部設立時に会員親睦の「忘年作品品評会」として始まった作品展。
昭和59年、その名称を「アマチュア作品展」とし、
広く一般の方々にも参加いただけるイベントへと発展させてから、
本年で30回となります。
ご来場の皆様により一層お楽しみいただけますよう、趣向を凝らしております。
この機会に是非 足をお運びください。
忘年品評会 左 作品展示会場 右 表彰式忘年品評会 左 作品展示会場 右 表彰式第1回アマチュア作品展 左 作品展示会場 右 審査第1回アマチュア作品展 左 作品展示会場 右 審査
忘年品評会 左 作品展示会場 右 表彰式第1回アマチュア作品展 左 作品展示会場 右 審査
忘年品評会・アマチュア作品展を遡っての会場風景や審査風景、受賞作品 等を写真で展示いたします。
日 時:平成25年11月3日(日・祝) 10:00~17:00
 4日(月・振)  10:00~15:45
会 場:日本陶芸倶楽部 地図はこちら
平成25年度 日本陶芸倶楽部 アマチュア作品展(入場無料)
アマチュア陶芸家ならではの力作をご覧下さい。(入場無料)
平成25年度 日本陶芸倶楽部 アマチュア作品展(入場無料)
小学生から90代まで アマチュア陶芸家である会員の
個性豊かな作品の数々、また日本画作品も合せてご覧下さい。
<列品解説> 各回 テーマ別に、展示作品の
解説を行い、質問もお受けします。
3日 11:00 ・ 13:30 ・ 15:45
4日 11:00 ・ 13:30
昨年度陶芸部門人気投票第1位
昨年度陶芸部門人気投票第1位
<人気投票>  陶芸作品から3点、日本画作品から1点お選びいただく、人気投票にご参加下さい。
投票後その場でクジを引いていただき、当たった方30名様に陶芸小品を差し上げます。
<作品審査>  4日には、ご活躍の陶芸作家をはじめとする審査員による作品審査が行われます。
平成25年度審査員
陶芸部門 安田律子・佐伯守美・吉田幸央・栗原直子
日本画部 滝沢具幸・宮城 真
(敬称略)

受賞作品は後日 当倶楽部館内及びHP上で発表。
作品審査 審査風景
*ギャラリーページ
昨年度陶芸部門最優秀賞作品
昨年度陶芸部門最優秀賞作品
作品審査 審査風景
皆様の投票上位10作品、審査による20作品の計30作品に賞を授与します。

 

ご自身でも陶芸体験を…作陶の後はお抹茶一服いかがでしょう?
作陶体験 作陶が初めてという方も経験豊富な方も、お子様からご年輩の方まで、どなたでもご参加になれます。
作陶体験
手びねり成形・長角皿加飾 開始時間
3日 10:15 11:30 12:45 14:00 15:15
4日 10:15 11:30 12:45 14:00
*各回定員45名。各日10:00よりご希望の時間を受付けます。(申込順)
*絵付・電動ロクロは随時受付。(混雑時はお待ちいただくことがあります。)

 

手びねり 想いを形に! 手を最高の道具として、鉢・花入れ・茶碗等、自由にお作りいただくことができます。 作陶体験 手びねり
各日30枚限定で、白化粧した隅切長角皿の生素地をご用意いたします。(受付順)
長角皿見本 縦12.5×横22.5×高2.5cm
長角皿見本 縦12.5×横22.5×高2.5cm  
電動ロクロ  一度はやってみたい!
手びねりとは違う生き物のように動く土の感触を味わえます。
(体験のみは無料)
作陶体験 電動ロクロ
作陶体験 絵付絵付  汚れずにすぐできる! 平向・皿・マグカップ等の素焼素地に下絵具や釉薬で彩りを。

喫茶 表千家・裏千家、宗徧・遠州 等々、流派の垣根を越えた会員有志によるおもてなしでお寛ぎ下さい。美味しいお菓子に一服の茶…、会員手作りのお道具を中心にした取り合わせもお楽しみ下さい。
30回を記念した特製のお菓子です。
「作陶とお茶を愉しむ」前売券 4000円(税込)(作陶体験での作品1点/菓子・抹茶一服付)
*10名以上でのお申し込みの場合、以下の団体特典があります。
  ・販売価格 4000円 → 3500円/枚
  ・作陶時間の事前予約。

 

休憩コーナー セルフサービスでコーヒーをお楽しみ下さい。日頃の教室や催事での作陶風景のビデオを上映しています。
作品販売 日頃指導にあたっている当倶楽部職員の作品を販売いたします。
商品販売 陶芸道具・雑誌各種を特別価格にて販売いたします。

作品展を締めくくる 講演会と懇親会にご一緒しませんか?
作品展終了後、会場を移して、締めくくりの講演会と懇親会を行います。
本年の講演会講師は、錦山窯4代目としてご活躍の吉田幸央先生。伝統ある九谷焼窯元としての仕事、その枠を超え 新たな九谷焼の可能性を追求する活動について、映像をご覧いただきながらお話しを伺います。
講演会の後は、中華の卓を囲みながらの懇親会。審査員やゲストの陶芸家、倶楽部会員と共に、ひととき陶芸談議に花を咲かせましょう。受賞作品の発表・授賞式、審査講評も行います。
作陶体験 手びねり
講演会と懇親会り講演会と懇親会り
講演会と懇親会り
 吉田幸央先生
<講演会>  講 師:吉田幸央先生
テーマ:「九谷焼の伝統と未来」
16:00~17:00予定
<懇親会>  受賞作品発表・受賞式 審査員による講評
食事(中華)・飲物付
17:00~19:00予定
同席予定作家
安田律子・佐伯守美・吉田幸央・滝沢具幸・宮城 真・島田文雄
(順不同・敬称略)
講演会・懇親会
(着席での中華コース料理・飲物付)
日  時:  平成25年11月4日(日) 16:00~19:00
会  場 : 南国酒家 原宿店 迎賓館 鳳凰の間
会  費:  20,000円(消費税込)
       *記念品 平成26年干支「甲午」ぐい呑(竹田精一郎作)付き
申込方法: お電話またはメールでお申し込み下さい。
        こちらより入金方法等について折り返しご連絡いたします。
キャンセル料: 10月28日以降…10,000円 当日…全額

DM宛名面 *キャプションなしの掲載写真は すべて平成24年度のものです。
昨年度の報告はこちらへ

 

 
 
  • 倶楽部概要
  • 教室のご案内
  • トピックス
  • ギャラリー
  • 催事のご案内
  • お問い合わせ・資料請求
  • マップ

日本陶芸倶楽部
〒150-0001 東京都渋谷区
神宮前1-5 東郷神社境内
TEL.03-3402-3634
FAX.03-3470-2528

トップページへこのページのトップに戻る